ピンクゼリーの保管場所 - ピンクゼリー情報局

ピンクゼリー情報局 > ピンクゼリーの保管場所
ピンクゼリー情報局

ピンクゼリーの保管場所

産婦人科で処方してもらえ、比較的産み分けの結果を出しやすいことから関心が高まっているピンクゼリー。
1本に複数回分の量が入っているため一度きりということはなく、もし再度使用したいというときには保管しておいたものを使うことができます。
一度開封したピンクゼリーでも産み分けの効果が落ちるということはないので安心です。

残ったゼリーは変質を防ぐため直射日光を避け、常温で保管します。
シリンジも熱湯で洗っておくと繰り返し使用が可能です。
但しピンクゼリーには製造から2年の使用期限があるため、期限内に使いきれない場合は残っていても処分しましょう。
見た目には変色しておらず、使っても問題がないように見えても、万一不具合があったときには自己責任となってしまいます。
体内に注入して使うピンクゼリーには危険な成分は入っておらず、乳幼児がうっかり口に入れてしまっても問題はありませんが、念のため保管場所には手の届かない所を選ぶのが無難です。

また、衛生用品ともいえるピンクゼリーはなるべく1本をひとりで使い切りましょう。
何らかの理由でピンクゼリーがまだ残っていても使用する意思がなくなった場合はそのタイミングで処分してしまうのがベター。
家族や友人など、身近に同じように女の子の妊娠を望んでいる人がいると、高価なピンクゼリーは譲ってあげたいという気持ちが起こりますが、ゼリーはもちろん、特にシリンジは、熱湯で洗っているとはいえ既に使用済であればやはり抵抗があるもの。
先方から譲ってほしいと依頼されてもきっぱり断る勇気を持ちましょう。
もちろんインターネットオークションやフリーマーケットなどに売りに出すのも控えてください。

top