女の子が生まれる確率は? - ピンクゼリー情報局

ピンクゼリー情報局 > 女の子が生まれる確率は?
ピンクゼリー情報局

女の子が生まれる確率は?

ピンクゼリーを使う上で最も気になるのはやはり女の子を産み分けることができる確率。
精子の性質を利用しているので産み分けしやすくなっているものの、確率が安定しないのでは安心して使うことはできません。

ピンクゼリーの使用によって女の子が生まれる確率はおおむね80%前後といわれています。
数字だけ見ると確実性があるように見受けられますが、第三者機関で測定された客観的なデータではないため、決して鵜呑みにはせず、1/2より少し高確率という認識に留めておくのが無難です。
また、産婦人科医で指導を受けている場合はピンクゼリーだけに頼るのではなく、排卵検査薬を併用して排卵日を特定したり、夫婦生活について見直すなど、より効果を発揮しやすい状況を整えるのも重要。

ピンクゼリーを使用したのに女の子を授からない理由には、女の子ではなく男の子を授かったという場合や、そもそも妊娠することができなかったという報告もあります。
妊娠できないという場合には、ピンクゼリーの使用のタイミングを気付かないうちに逃していたり、自分自身やパートナーの、どうしても女の子を授かりたいという気持ちが強すぎてかえってプレッシャーになっていることも考えられます。
ピンクゼリーが比較的高価なことも、何としても成功させなければならないという強迫観念に拍車をかけるのかもしれません。

女の子を授かる確率が決して低いわけではなく、また、ピンクゼリーを用いたことによって妊娠しづらくなるということもありません。
一度で女の子の妊娠に成功したら運がいいというくらいの気持ちでリラックスし、焦らず気長にトライしていきましょう。

top